このブログについて

● このブログについて


  このブログに関する基本的なこと、私のプロフィールについてのページです。

Fig.1 私の地元、神奈川県は湘南海岸よりのぞむ富士山

  ・はじめまして

  著者の他のブログ


● お問合せフォームとプライバシーポリシー

  

  ・お問合せフォーム

  ・プライバシーポリシー

 


1 件のコメント:

  1. 『みねそう先生の免疫学はじめの一歩』連載おめでとうございます。楽しみにしております。一つリクエストがあります。日本で接種予定のコロナワクチンはすべて遺伝子ワクチンです。遺伝子が核内に入り込んで、染色体に取り込まれる確率がどのくらいで、それによって起きる可能性のある問題が何かについて連載で説明していただけると大変ありがたいです。
    コロナワクチン接種の危険性を訴える医師数人の主張をみましたが、素人目にも事実誤認や、単なる杞憂に見えるものがほとんどですが、核内の染色体に遺伝子が取り込まれる危険性については、素人から見て判断に苦しみました。ぜひ専門家のご意見を伺いたい。
    一般社団法人日本感染症学会 ワクチン委員会
    COVID-19 ワクチンに関する提言
    (第 2 版) に
    「COVID-19 ワクチンとして開発されているワクチン、とくに mRNA は分解されやすく長期間細胞内に残存することはなく、またヒトの染色体に組み込まれることはありませんので、比較的安全性は高いことが予想されます。」
    とあるのは確認しましたが、アストラゼネカはDNAワクチンですし、例えばワクチンを接種したときに、染色体に入り込む遺伝子を持つウイルス(レトロウイルスなど)がたまたま活動していた、あるいは核が何らかの損傷を受けたなど、特殊な場合の時にどうなるかの説明があると幸いです。

    返信削除