2012年8月30日木曜日

【書籍紹介】The Gleason Grading System: A Complete Guide for Pathologist and Clinicians


 病理診断での前立腺癌のグレード診断、に関する書籍を一冊紹介いたします。
出版社】 LWW 【版】1 (2012/7/24) 【言語】英語

ISBN1451172826, 978-1451172829

 病理診断において、前立腺癌は癌であるか否かの診断と、ステージング、グレーディングを行います。
 「Gleason grading system」は前立腺癌の形態をGleason pattern 1~5 に分類することが基本となりますが、どういう形態がその分類に当てはまるかを判別する力は、知識として概念を確実に頭にいれることと、多くの組織像をみてトレーニングすることとの両方を行わないとなかなか身につきません。
 総評として、病理診断医必携の良書です。解説よし。何よりアトラスが多く、わかりやすく、美しい。読んでいくとConsensusの解釈の仕方がよくわかり、実践と組み合わせれば力になること間違いないと思います。それほど厚くなく、読み通すことも不可能ではないのもよいところ。

 前立腺癌のグレーディングシステムは「Gleason grading system(Wiki英語版)と呼ばれていますが、はじめて提唱されてから、少しずつアップデートがなされています。 本書籍は2005 The International Society of Urological Pathology (ISUP; Webページ consensus に基づく「Gleason grading system」を解説したアトラスです。
 
 本書籍は、豊富な図版で、pattern をたくさん見ることができ、それぞれの注目ポイントやピットフォール、誤解しやすいところなどまで書かれています。
 アトラスひとつひとつが、練習問題のようになっていて、レジェンドに、これは4+4とか、これは4+3とか理解しながら絵を眺められるのがよいところ。

日本の前立腺癌取扱い規約も国際的な指標に準拠しておりますし、ISUP consensus による Gleason scoring の理解には一番よい書籍と思っています。

おすすめ。★★★★★(5/5)

レビュー関係の記事は別ブログにまとめています
▶ ふらふらつらつらレビューブログ

気が向きましたら応援クリックをお願いします!↓
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ  

note に 医学・医療関係の記事をまとめています


病理の話題は別ブログにまとめています

研究関係の話題は別ブログにまとめています

 その他のブログ一覧はこちら
▶ その他の運営中のブログ
 
投げ銭・ご寄付などのリンク
もしよい情報などがありましたら
▶ リンク