2000年10月20日金曜日

病理医ってなぁに…!!??

 さて、本ブログの著者は病理医であります。

はて、病理医ってなぁに…!!??


 病理医って医者の一種です。医者は外科医や内科医といった専門に分かれていますが、そのうちの一つ。病理医とは…。

 ではいったいどんな専門の医者なのか。
 答えからいうと、病理診断をする医者です…。

 病理診断…?? 一般にはあまりなじみのない言葉ですね。では病理診断というのはなんでしょう。


病理医のお仕事


 日本病理学会のホームページの中に 病理診断についてというページ病理医とはというページがあります。 
 ページから引用すると、
「患者さんの体より採取された病変の組織や細胞から顕微鏡用のガラス標本がつくられます。この標本を顕微鏡で観察して診断するのが病理診断です。そして、この病理診断を専門とする医師が病理医です。」
と書かれています。

 つまり、内視鏡などの検査で患者さんから「つまんで」採取した体の組織や、外科手術で取り出した病変などを標本にして、 顕微鏡を用いて検索し、病気があるかないか、あれば それは何という病気であるか、を診断する、 そういうことを毎日しているのが病理医です (資格としては、専門医制度があります)。

 直接患者と向き合うことはほぼなく、 基本的には臨床医とのやりとりすることが 主体の「裏方」医といってよい存在です。

 しかし、直接患者に会わないとは言っても、 内視鏡検査などで生検をされたり、手術で癌を取り除いたりした場合には、 必ず病理医が診断しているので、多くの患者に病理医は実は関わっています。

病理医はどこにいるの? 


 さて、病理医はどこにいるのか、というと、 たいていは病院の病理科、病理診断科、検査科、中央検査部門などなど という名前の中央部門にいます (大学ですと大学病院以外に病理学の講座に教員としてもいます。  また、検査会社に所属している病理医も一定数います。)

 表に情報がでていないことが多いのでわかりにくいですが、 ある一定以上の規模の病院であればそういう部署があるんです。 ところが、病理医はどの病院にでもいるかというと、 いないのです。 その理由は、不足しているから、これに尽きます。

病理は不足している?


 病理医不足はかなり深刻な問題です。 病理医の数は2012年の調査では、およそ1600人。 これはとても少ないです。全医師のうち約0.6%

 日本には病院が8500以上あります。 これではとても足りません。
 「NPO法人病理診断の総合力を向上させる会」のホームページ PathCare の中の 「日本の病理医は精鋭集団」では、 日本の病理医の現状がわかりやすく簡潔にまとめられています。

 病理医は不足しています

 そして病理医とはどんな医者かという認知も今ひとつなところもあり、 病理医が不足しているという現実もまだまだ認知が進んでいません。

 榎木英介先生のハフィントン・ポストの記事 「忘れられた医師不足~病理医不足」 に病理医とはなにか、病理医はいかに不足しているかがわかりやすく書かれています。

 ブログ「Dr.和の町医者日記」に「もっと病理医を知って欲しい」という記事がでています。 病理医が不足していると、医療にどのような悪影響があるのかわかります。

このブログでも今後病理医について触れていく予定です… 


 病理医という仕事はどんなことを具体的にしているのか、 どのように重要な役割を担っているのかは少しずつ紹介しようと思います。

 病理医っていう医者がいるのだけで、全然足りていないんだということを まずは主張したいと思います…。




気が向きましたらクリックをお願いします!↓
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ  

病理の話題は別ブログにまとめています
▶ 病理医研究者のぼちぼち日記

投げ銭サービス Ofuse
もし投げ銭してもよければ!

2000年1月2日日曜日

プライバシーポリシー

 この記事は当ブログにおける個人情報の保護指針およびその扱い方についてまとめたものです。どうぞお読みください。



個人情報の収集について


 本ブログのの利用者は匿名のままで、当ブログを自由に閲覧する事が可能です。

 お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。
 しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありませんのでご安心ください。

当サイトに掲載している広告について


 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Google アドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、ValueCommerce、楽天アソシエイト など) を利用しています。広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。
 Cookie(クッキー)を無効にする設定は、お使いのブラウザによって違います。
 お使いのブラウザをご確認の上、設定してください。

アクセス解析について


 当ブログは Google によるアクセス解析ツール「 Google アナリティクス」を利用しています。Google アナリティクスは、トラフィック(追跡)データの収集のために Cookie を使用しています。このデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
 Cookieを無効にすることで収集を拒否することができます。
 お使いのブラウザの設定をご確認ください。
 この規約に関する詳細はこちらです
    ⇒ Googleアナリティクス利用規約
 Adsense、Googleアナリティクスのプライバシーポリシー詳細はこちらです 
    ⇒ Googleポリシーと規約

免責事項


 当ブログの記事は、管理人である峰宗太郎の主観による記事です。情報の真偽についてだけでなく、商品のご購入やご利用の最終的な判断は、読者様の責任でお願いします。
 掲載情報には、できる限りの正確さを心がけております。しかしながら、時に錯誤等が生じる場合もあると存じます。
 当ブログを利用することでトラブルが発生したとしても、責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

 はじめに、のページの免責事項も併せてご確認ください。

著作権


 当ブログの文章、オリジナルの画像等の著作権は 峰 宗太郎 にあります。
 ただし、記事を気に入っていただければ、以下の条件で紹介・再使用を認めます。

 理念としては、オープンアクセスやクリエイティブコモンズ・ライセンスに賛同してきました。知識はあらゆる人に開かれるべきと考えています。よってクリエイティブコモンズ・ライセンスとして以下を設定します。

 転載・引用を行う際には、
 ・帰属:必ず著者名を明記してください。
 ・出典元として、「ぱそろじすと・あっと・ざ・らぼ」と明記し、
  本ブログのトップのURL (https://www.minesot.com/) を記載してください。
 ・ティーザー広告の活用:記事の数行のみを掲載し、
  「記事全文はぱそろじすと・あっと・ざ・らぼでお読みください」
  とすることも可能です。
 ・画像の再使用:記事の写真は、私が撮影したものは文章同様の措置で使用いただいてかまいません。ただし、他の場合、オリジナル画像の出典元から事前に許可を得るか、またはクレジットを明記することが必要な場合があります。
 ・部分の引用の場合にも同様にお願いいたします。
 ・許可を得るための連絡は必要ありませんが、連絡をいただけると嬉しいです。


 運営者 峰 宗太郎
 初出掲載:2018年11月7日

2000年1月1日土曜日

はじめまして

● はじめまして


Fig.1 著者が一番ハンサムに写っている仕事中の写真

 ・初めまして。峰 宗太郎 (Sohtaro Mine) です。
  病理医・薬剤師・研究者です。本名です。
   ・情報のあるページ: Research Gateresearchmap
      Google scholar
   ・Twitter: @minesoh (フォローはお気楽にどうぞ)
   ・Facebook, LinkedIn にもいます
       (友達申請は知り合いのみとしています)
   ・note 簡単な医学解説の記事等を書いています
   ・Amazon プロファイル: 最近レビューを始めました

 ・2018年より縁あってアメリカの米国国立衛生研究所
  (National Institutes of Health; NIH) で
  ウイルス学・免疫学の研究をしています。
 ・日本にいるときは、病理診断に関わる病理医・
  ウイルスの研究者でした。
 ・研究テーマは Epstein-Barr Virus(EBV) を中心とする
  ヒトヘルペスウイルスによって引き起こされる疾患
  に関わるものです。
 ・日々のこと、ちょっとしたことをブログに書こうと思います。

● 略歴


  京都府生まれ(亀岡市)
  神奈川県藤沢市立 辻堂小学校 卒
  神奈川県藤沢市立 湘洋中学校 卒
  神奈川県立 湘南高等学校
  京都大学 薬学部 総合薬学科 卒
  東京大学 大学院医学系研究科 医科学専攻
   修士課程 中退
  名古屋大学 医学部医学科(3年次編入) 卒
  東京大学 大学院医学系研究科 病因・病理学専攻
   医学博士課程 卒

  国立国国際医療研究センター病院 初期研修・後期研修
  国立感染症研究所 客員研究員→研究生
  日本赤十字社医療センター・聖路加国際病院 非常勤医
  獨協医科大学埼玉医療センター 腫瘍センター・病理診断科 助教
  米国国立衛生研究所 アレルギー感染症研究所 博士研究員
 
  薬剤師・医師 (死体解剖資格・病理専門医)・博士 (医学)
  ・行政書士・普通運転免許等

● 趣味


  研究、仕事 (研究も臨床も)、読書、論文読み、ネットサーフィン、
  少しだけ音楽 (楽器を少し、弾くのも聴くのもおもにバッハ)。
  最近はブログ書きにはまりつつあります。

● Disclaimer 


 ・このブログに書いている意見はすべて私的見解であり、
  所属する施設・団体等とは一切関係ございません。
  発信の一切の責任は私に属します。
 ・臨床・研究に関する情報についても、個人的な
  見解・解釈とリンク先の紹介が中心になります。
 ・商品紹介や投資などに関する意見につきましても、
  すべて私の見解であり、
  各自の責任で内容は判断していただきたいと思います。


● 問い合わせなど


 ・問い合わせフォームからお気楽にお問い合わせください。
 ・病理医になりたい病理専門医試験等の悩み、
  留学を考えている学位で悩んでいる等なんでも大丈夫です。
 ・特に NIH に留学される方でお伝いが必要であればお申し付けを。
 ・Twitter でお問合せいただいてもいいですし、
  Facebook の DM でも構いません。



● その他


 ・さりげなくほしいものリスト、投げ銭先・ご寄付先を公開しています…。
  もし、よっぼど役に立つ情報などあったら、ご検討いただけるとありがたいです。
    ・Amazon ほしいものリスト
    ・投げ銭などの一覧 リスト


気が向きましたらクリックをお願いします!↓
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ  

病理の話題は別ブログにまとめています
▶ 病理医研究者のぼちぼち日記

投げ銭サービス Ofuse
もし投げ銭してもよければ!