2020年10月19日月曜日

実験に集中する日々

 すっかり秋になり朝夕は肌寒さのつよいベセスダです。
 

Fig.1 構内にも紅葉が


 10月頭からはアメリカでは会計年度の切り替わりなので、しばらく発注が止まっていましたが、ようやく物を買えるようになりました。
 実験用の物品発注が可能になり、一か月ややペースが落ちていた実験を本格的に再開しています。とはいってもいまだに週3日しか出勤できないため、なかなかペースはあがりません。

 今年は本当に COVID-19 に振り回されっぱなしですが、仕事もなかなかすすまず、ペースアップをしないとなぁと常に思っています。

 今年前半からいろいろありましたが、いろいろと仕切り直しをしようというところ。
 今年もあと3か月弱、しっかり後悔しないようにやりたいですね。
 



気が向きましたら応援クリックをお願いします!↓
  

note に 医学・医療関係の記事をまとめています

病理の話題は別ブログにまとめています

研究関係の話題は別ブログにまとめています

その他のブログ一覧はこちら

投げ銭・ご寄付などのリンク
もしよい情報などがありましたら
▶ リンク
 

2020年10月6日火曜日

ノーベル医学生理学賞の発表がありましたね

 すっかり秋で肌寒いベセスダです。
 

Fig.1 秋空

 さて、昨日はノーベル賞医学生理学賞の発表がありましたね。

 The Nobel Prize in Physiology or Medicine 2020 は…Harvey J. Alter、Michael Houghton、Charles M. Rice の三氏が、"for the discovery of Hepatitis C virus."、C型肝炎ウイルスの発見の功績で受賞されました。

 ウイルス性肝炎は全世界で大きな公衆衛生上の負担となっている疾患です。
 A 型・B 型肝炎が先に知られていましたが、それらの病原体はみつからないものの、輸血などで発症することが知られていたのが、非 A 型・非 B 型肝炎です。

 その肝炎がウイルスにより発症するということを示し、そしてその原因ウイルスである C 型肝炎を発見しその性質を決定した功績はとても大きいですね。
 今では新しい薬により、この C 型肝炎ウイルスをかなりの率で排除することができる治療が確立しています。

 ▶ C 型肝炎について 国立感染症研究所のページ

 ▶ 国立国際医療研究センター 肝炎情報センターのホームページ

 輸血でのスクリーニングもしっかりなされるようになってきており、将来的には人類は B 型、C 型肝炎ウイルスによる肝炎を抑え込んでいけるのではないか、と個人的には思っております。

 今回受賞された三氏のうち Harvey J. Alter 博士については、同じ研究所の方なのですが、昨年講義を受けました。非常にユーモアにあふれた方で、包括的な講義に加えて、笑いを取り入れたすばらしいものでした。

 肝炎は将来的に肝癌を引き起こすことがあります。
 そういう意味で、ウイルス性発癌としても重要な分野なのですね。
 B 型肝炎ウイルスに対してはワクチンがありますのでしっかり受けることも重要です。

 

 


気が向きましたら応援クリックをお願いします!↓
  

note に 医学・医療関係の記事をまとめています

病理の話題は別ブログにまとめています

研究関係の話題は別ブログにまとめています

その他のブログ一覧はこちら

投げ銭・ご寄付などのリンク
もしよい情報などがありましたら
▶ リンク
 

2020年10月3日土曜日

デジタルノートを整備する

 すっかり涼しくなって秋のベセスダです。
 あっという間に10月になりました。時間が過ぎるのは速いですね。


Fig.1 秋空の朝


 さて、昨日からデジタルノートの整理をしています。

 これまで実験ノートは Benchling と紙のノートでとっていましたが、ラボメンバーのおすすめもあり、Microsoft の OneNote でもノートをとってみようと思い立ったのです。
 これまでも OneNote を少しだけ使ったことがあったのですが、資料集めなどは Evernote を主に使ってきているので、使い分けなどを考えています。

 いろいろ模索してよい方法が見つかったらまたまとめてみたいと思っております。

 紙のノートも続けますが、うまく使い分けることで作業効率があがればいいなぁと思っています。




気が向きましたら応援クリックをお願いします!↓
  

note に 医学・医療関係の記事をまとめています

病理の話題は別ブログにまとめています

研究関係の話題は別ブログにまとめています

その他のブログ一覧はこちら

投げ銭・ご寄付などのリンク
もしよい情報などがありましたら
▶ リンク
 

2020年9月29日火曜日

情報ページの更新作業などをする

 秋のベセスダです。今日は少々気温が高いですが、秋の気配。
 本日も在宅勤務日なので、家でデータ解析をしたり実験計画を考えたりしています。


Fig.1 秋空

 本日は久々に、ちょっと放置をしてしまっていた情報ページの更新作業をしています。




 COVID-19 関連のニュースは相変わらずたくさん出ていますが、話題はだんだん収束してきていて、ワクチンや今後の見通しの話が主体ですね。
 とはいっても流行状況は世界的には全く収まっておらず、日本でもまだ感染者は出続けているわけで、しっかりと基本的な予防を継続することが重要ですね。
 気を引き締め直して秋冬に臨みたいところです。



気が向きましたら応援クリックをお願いします!↓
  

note に 医学・医療関係の記事をまとめています

病理の話題は別ブログにまとめています

研究関係の話題は別ブログにまとめています

その他のブログ一覧はこちら

投げ銭・ご寄付などのリンク
もしよい情報などがありましたら
▶ リンク
 

2020年9月24日木曜日

すっかり秋になりました

 すっかり秋になったベセスダです。
 朝夕はすごく涼しく、ちょっと上着も必要な感じになっています。


Fig.1 朝は寒い


 未だ私の職場はフル出勤はできないため、週に3日間勤務、のこりはテレワークです。テレワークといっても、なかなか実験系の研究をしていると、処理するデータなども多くは無く、どうしても仕事ができません…かなりストレスが溜まってきているようには思います…。

 そこで、ため込んでしまった原稿書きやいろんな企画の仕事をしていますが、これらもなかなかうまく進みません。いろいろ催促もいただいていて申し訳ない限り。
 
 秋、気合いを入れ直して取り組みたいと思っています。


 


気が向きましたら応援クリックをお願いします!↓
  

note に 医学・医療関係の記事をまとめています

病理の話題は別ブログにまとめています

研究関係の話題は別ブログにまとめています

その他のブログ一覧はこちら

投げ銭・ご寄付などのリンク
もしよい情報などがありましたら
▶ リンク
 

2020年9月20日日曜日

日経ビジネスに連載インタビューが掲載されました

 すっかり寒くなって秋になったベセスダです。コート必要。
 業務中も手がかじかむようなことも。秋です。


Fig.1 秋空


 さて、5月ごろに一度日経ビジネスにインタビュー記事を掲載していただいたのですが、その続きの三連載をまた掲載していただきました。

 ▶ 新型コロナ、「ワクチン接種」の議論が始まる前にぜひ知っておきたいこと

 ▶ 日本が採るべき「ワクチン戦略」を考えてみる

 ▶ 新型コロナとの戦い、日本に希望は見えてきたか?

 今回はワクチンの話をすこしと、最後に検査の話を少ししています。
 とにかく第二波とされる流行拡大はなんとか収まってきて、しかしまだくすぶるように少し増加したりもする流行状況ですが、基本から考えて、しっかり対応を続けていくことが重要と思っております。

 



気が向きましたら応援クリックをお願いします!↓
  

note に 医学・医療関係の記事をまとめています

病理の話題は別ブログにまとめています

研究関係の話題は別ブログにまとめています

その他のブログ一覧はこちら

投げ銭・ご寄付などのリンク
もしよい情報などがありましたら
▶ リンク
 

2020年9月12日土曜日

不規則な出勤がつづく

  秋なり始めた感じもあるベセスダです。
  ここ数日は雨が結構降っていて、朝夕は涼しいのですが、日中はムッとする蒸し暑さがまだあります。雨も結構激しいことがあり、雷がごろごろとしたり土砂降りになったりしています。


Fig.1 曇り空が多い


 ラボにおいては出勤は新型コロナにともなう距離をとるルールのために、未だに週に2-3日というかたちなのですが、結構入れ替えをやったり、スケジュールを合わせたりするので不規則になってなにがなんだかよくわからなくなります。
 実験の都合など…考えて…行うのが結構大変。なかなか思うように作業が進みません。

 そんな中でもなんとかいろいろ工夫をして最近は新しい実験をしています。
 結構安定しない実験系を扱うので、いろいろ試してみないといけません…。

 さて、いまだに出勤につかっているバスのスケジュールが間引き運転なうえに安定せず、特に土日はバスは絶望的です。ついついウーバーを使ってしまいますが、これが結構お金がかかって…困るのに加え、バスより快適なのでついつい安易に使いそうになってしまいます。まずいですね。

 本日は 9/11 ということで追悼などもありますが、午後から研究室で作業をしています。たんたんとこなしていこうと思います。

 



気が向きましたら応援クリックをお願いします!↓
  

note に 医学・医療関係の記事をまとめています

病理の話題は別ブログにまとめています

研究関係の話題は別ブログにまとめています

その他のブログ一覧はこちら

投げ銭・ご寄付などのリンク
もしよい情報などがありましたら
▶ リンク
 

2020年9月6日日曜日

秋の土曜日、実験をする

 秋になり始めのベセスダです。
 しばらくブログもサボっていたのでぼちぼちまた書き出そうと思います。


Fig.1 日差しはまだ強いがやや涼しい


 今は COVID-19 の影響で、週に3日間だけ出勤という変則的な状況ですが、土曜日が出勤日なので、今日は実験しに来ました(午前少々調子がわるく、お昼ごろから)。 

 バスのスケジュールも COVID-19 の影響で縮小されていて、特に土日は壊滅的なので、 Uber を使います。結構高い。自宅から職場まで 16ドルぐらい、チップも後で払うこともあり、往復で35ドルぐらいはかかりますね。

 さて、本日の実験は下実験ですが、ちょっと本気の実験も来週から再開できるかなというところ。実に今年の2月からここまで全く実験できていなかったので、7カ月ぶりです。焦燥感が募ります。

 

 いろいろと振り返るに、ここ一年半ほどとにかくメインプロジェクトがなかなか進んでいなかったところに COVID-19 の影響もあり、辛いところ。

 他のことについてもいろいろやってきましたが、いろいろ潮時というところもあり、また研究プロジェクトに集中しつつ、ぼちぼちブログでも書こうかなと思います。

 冬までにはちょっとでもプロジェクトがいい方向に進ませたいところ。

 

 





気が向きましたら応援クリックをお願いします!↓
  

note に 医学・医療関係の記事をまとめています

病理の話題は別ブログにまとめています

研究関係の話題は別ブログにまとめています

その他のブログ一覧はこちら

投げ銭・ご寄付などのリンク
もしよい情報などがありましたら
▶ リンク
 

2020年9月4日金曜日

YouTube 新妻免疫塾に出ました

 久々の投稿です。
 秋めいてきたベセスダですが、まだ暑さが続いています。
 新しい教科書で勉強したり、実験計画を練ったりしています。


Fig.1 新しい教科書で勉強しつつ

  さて、先週末、YouTube にチャネルを作って免疫学などについてわかりやすい動画を配信されている新妻先生の新妻免疫塾のなかのヅマの部屋という企画に出演して、EBV についてのお話をしました。


 ▶ EBウイルスと免疫機構の攻防「ヅマの部屋」#2


 私の研究分野である EBV というヘルペスウイルスに関する viral immunology、つまりウイルス免疫学の側面についてちょっとお話しました。

 ご興味があれば一瞥いただければと存じます。

 


気が向きましたら応援クリックをお願いします!↓
  

note に 医学・医療関係の記事をまとめています

病理の話題は別ブログにまとめています

研究関係の話題は別ブログにまとめています

その他のブログ一覧はこちら

投げ銭・ご寄付などのリンク
もしよい情報などがありましたら
▶ リンク
 

2020年7月16日木曜日

HPVワクチンについての記事の紹介




 HPVワクチンについて知りたい方のために初めにこの記事を読んでほしいなというものをまとめておきます。ただのリンクのまとめです。





気が向きましたら応援クリックをお願いします!↓
  

note に 医学・医療関係の記事をまとめています

病理の話題は別ブログにまとめています

研究関係の話題は別ブログにまとめています

その他のブログ一覧はこちら

投げ銭・ご寄付などのリンク
もしよい情報などがありましたら
▶ リンク