2017年4月2日日曜日

【初期研修】麻酔科ローテーションに有用な書籍のまとめ

 初期研修医むけの麻酔科ローテーションに有用な書籍を3冊紹介します。


1. 麻酔科研修チェックノート 改訂第6版





 大きさが白衣のポケットに入ること、文章が平易であること、図番がわかりやすいこと、などが特徴の、初期研修の麻酔科ローテには定番と言っていい一冊。
研修医や学生さんを指導する立場でもありますので、改定版を毎回購入しております。
 内容は濃くなく、広く浅く知り、チェックするのに有用。書き加えができるように工夫はされています。
 研修医の方なら買っておいて損はないと思います。


2. 改訂版 麻酔科薬剤ノート


改訂版 麻酔科薬剤ノート〜周術期の麻酔・救急対応薬の使用のポイント


 【書名】改訂版 麻酔科薬剤ノート〜周術期の麻酔・救急対応薬の使用のポイント
 【著者】讃岐美智義
 【出版社】羊土社
 【リンク】Amazon 楽天ブックス 7net honto e-hon
      紀伊國屋書店 図書館

 麻酔科ローテではとにかく薬剤を理解して覚えないといけません。
 他の科でも薬剤は重要ですが、麻酔は薬剤で行うので、手技だけでなく薬剤の知識はい必要で、現場でさっと取り出せる一冊があると便利です。
 本書は、1. で紹介したノートと同じ讃岐先生の本で、薬剤がわかりやすくまとめっられたコンパクトな1冊です。
 周術期と救急の薬が中心にまとめられています。大きさも白衣のポケットにはいり便利です。


3. MGH麻酔の手引 第7版


MGH麻酔の手引 第7版


 【書名】MGH麻酔の手引 第7版
 【監訳】稲田英一
 【出版社】メディカルサイエンスインターナショナル
 【リンク】Amazon 楽天ブックス 7net honto
      e-hon 紀伊國屋書店 図書館


 “Handbook of Clinical Anesthesia Procedures of the Massachusetts General Hospital"(原著第9版)の日本語訳本です。
 非常にわかりやすく、実践的で、かつエビデンスに基づいた素晴らしい一冊である。
 かなり詳細に記述されていて、勉強するのによい。現場でレファレンスのように引くにはやや大きく、分量が多いので、学習用に持っておくのがよいと考えられる。
 せっかくの麻酔科研修なので、この本ぐらいを読んでおくと将来の役に立つように思います。

レビュー関係の記事は別ブログにまとめています

0 件のコメント:

コメントを投稿