2019年4月29日月曜日

【書籍紹介】病理診断に直結した組織学

 病理医におすすめの本を一冊紹介いたします。

病理診断に直結した組織学 2017年 04 月号 [雑誌]: 病理と臨床 増刊


 【書名】病理診断に直結した組織学 2017年 04 月号 
 【出版社】文光堂
 【リンク】Amazon 7netbk1 e-hon 紀伊國屋書店 図書館


 この本は、題名の通り、組織学の解説をしている病理と臨床の臨時増刊号なのですが、とにかく病理診断に直結した形での解説になっています。

 章立ては基本的に臓器・系統別で、それぞれの領域の病理診断のプロが書いています。

 内容も、発生学、組織学を踏まえての免疫染色の有用性や、正常形態を踏まえての疾患における異常形態の特徴の提示など、実務に役に立つ記載も非常に多く勉強になります。

 病理医として組織学をしっかり学ぶには当然ご存知とは思われることながら、Histology for pathologists が念頭に上がってきますし、Expert consult シリーズにも正常組織学の本がありますが、日本語で、かつ、病理医向けに書かれた組織学の本としては、現時点では実際この一冊だけということになるかと思います。

 この本の購入にあたっては、文光堂から直接購入するのが一番安いと思います。

 病理医必携の一冊と思います。


気が向きましたら応援クリックをお願いします!↓
  

note に 医学・医療関係の記事をまとめています

病理の話題は別ブログにまとめています

研究関係の話題は別ブログにまとめています

その他のブログ一覧はこちら

投げ銭・ご寄付などのリンク
もしよい情報などがありましたら
▶ リンク

0 件のコメント:

コメントを投稿